07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2017年2月「小樽 雪あかりの路」、「札幌雪祭り」 

札幌在の名取正紘さん(51期)が「小樽 雪あかりの路」2017年2月3(金)〜2月12日(日)開催と 「札幌雪祭り」2017年2月6日(月)~2月12日(日)開催の写真を撮影しメール頂きました。
皆さんもご覧ください。

「小樽 雪あかりの路」
DSC_2204-1.jpgDSC_2216.jpg
DSC_2242.jpg
DSC_2275.jpg
DSC_2287.jpg
DSC_2336.jpgDSC_2347.jpg
DSC_2362.jpg
DSC_2381.jpg

「札幌雪祭り」
DSC_2399.jpg
DSC_2410.jpg
DSC_2472.jpg
DSC_2493.jpg
DSC_2508.jpg
DSC_2533.jpg
DSC_2545-1.jpg
DSC_2573.jpg
DSC_2625.jpg
DSC_2637.jpg
DSC_2683-1.jpg

51期 谷口 勲







[2017/02/19 16:33] その他の活動報告 | TB(0) | CM(0)

49期 安宅忍さん 2017年3月13日(月) 『長唄 四季の玉手箱』に特別出演のご案内 

小樽潮陵樽中会49期の安宅忍さん(東宝現代劇の舞台俳優)が、2017年3月13日(月)に目黒雅叙園で開催される
『長唄 四季の玉手箱』に特別出演されますので、ご案内申し上げます。

①日時:2017年3月13日(月)
  -受付:  17:00 
  -お食事:17:30~19:00
  -開演:  19:00 (20:45 終演予定)
  -会場:目黒雅叙園2階「舞扇」
②料理:和洋折衷正餐/フリードリンク
③料金(税/サービス料込):一般S席 15,000円 
                   一般A席 13,000円

詳細は、添付資料をご覧ください。
2017年_長唄 四季の玉手箱-1-[1]2017年_長唄 四季の玉手箱-2-[1]
51期 谷口 勲




[2017/02/04 17:59] 会員イベント紹介 | TB(0) | CM(0)

女流画家小野田恭子さん(51期)『呼展』への出展のご案内 

本年も小野田恭子さんは、美術評論家の清水康友氏に選抜され、同氏が企画する『呼展』に出展することになりました。
日時、場所などは、以下のとおりですので、皆さん、友人知人をお誘いあわせの上、是非、小野田さんの力作をご鑑賞ください。

①日時: 2017年2月11日(土)~2月16日(木) 12:00~19:00(但し、日曜、最終日は17:00まで)
②開催画廊: 「Gallery 風」 
   東京都中央区銀座8-12-13 豊川ビル4F (TEL:090-3597-8887) 
(詳細は、添付メールの2017年 呼展(1)/(2)をご覧ください。)
③小野田さんの在廊の時間帯: 初日より最終日まで毎日、13:00から終了時刻まで。
なお、小野田さんが会員となっている朱葉会および「Gallery風」のホームページにも、上記「呼展」の件が載っています。

ご参考まで。
http://www.shuyoukai.com/tenrankai.html
https://twitter.com/gallerykaze

2017年 呼展(1)
以上ご連絡まで。
51期 谷口 勲
[2017/01/26 12:36] 会員イベント紹介 | TB(0) | CM(0)

東京潮陵樽中 同釜会2016報告 

東京潮陵樽中 同釜会2016報告

日時 : 2016年12月4日(日) 14:00~17:00
場所 : 金龍飯店本店(横浜中華街) 
概況 :
 同じ釜の飯を食べ、親睦を深める忘年会として2014年より始めた同釜会(おなかまかい)。本年は、晴天に恵まれた12月4日の日曜日に、横浜中華街の『金龍飯店本店』にて開催されました。43期から95期までの同窓生35名とともに、廣田直行さん(72期)の奥様、娘さんにもご参加いただき、総勢37名で豪華フカヒレ姿煮付の食べ放題、飲み放題を満喫しました。
 同釜会は、今日出夫さん(67期)の司会で始まり、今回は無伴奏での校歌斉唱、佐々島宏会長(65期)の挨拶に続き、参加者最年長の林原隆一郎さん(43期)の乾杯のご発声を合図に、4卓に分かれたテーブルを囲んで、歓談、交流が行われました。
 歓談の合間に、今回初参加した松原諄也さん(53期)、柏原恵造さん(69期)、須川博之さん(69期)、白鳥雅裕さん(70期)に自己紹介、近況報告を頂きました。また、上野淑子さん(47期)には、美声(蘇州夜曲)を披露して頂きました。
 会の様子は、写真をご参照ください。
 飲み放題で盛り上がる中、あっという間に3時間が過ぎ、恒例となった46期の布施市蔵さん、島雄一さん、渡辺光三郎さんの一本締めで、閉会となりました。おみやげには、大高酵素ののど飴を頂きました。
 今回、初参加の皆さん、是非、来年5月の60周年記念総会にも、同期の仲間を誘ってご出席ください。楽しい企画を用意して、お待ちしています。

<南澤孝夫(65期) 記>
同釜会1
同釜会2



54期(潮陵10期)同期の集い報告 

昇仙峡(480m~750m)~ 弥三郎岳(1058m)途中まで(1030mまで)の小旅行
【実施日】11月13日(日)~14日(月)   13日:快晴 14日:曇
【報 告】
13日:14日に昇仙峡の予定でしたが、14日の天気予報が悪化、急きょ13日の電車の時刻を早め、
かつ特急電車に変更して甲府駅に到着。バスで昇仙峡の終点、滝上に到着。
商店街を経てロープウエー山麓駅に到着。快晴の日曜日とあって、大勢の観光客が並び、
45名乗りのロープウエーはピストン運転。山頂駅に到着。富士山が迎えてくれる、
休憩所で持参のお弁当を広げ、注文したきのこ汁が美味しい。2箇所の展望台を廻る。
富士山、奥秩父の金峰山、南アルプスの甲斐駒ケ岳、鳳凰三山、荒川ダムなどの景色が素晴らしい。
ロープウエー山麓駅に戻り、大きな水晶石を並べた店の前を通り、昇仙峡遊歩道を降る
高さ30mの仙娥滝が音を響かせて大量の水量を落としている。遊歩道を渓谷沿いに降ると
昇仙峡の主峰・覚円峰が出現。真赤なカエデ、橙、黄色の紅葉が渓谷を彩り素晴らしい。
紅葉を楽しみながらバス停からバスで甲府の駅に到着。ホテルでチェックインを済ませ部屋で
各自休憩。夜は山梨名物のほうとう料理と飲み物で乾杯。
14日:ホテルで朝食を済ませ、直ぐ近くの甲府城跡に入る。月曜日の朝で人はほとんどいない。
本丸の天主台などに登る、富士山を始め山々が遠望される。石垣、紅葉した木々や芝生、柿などを
見下ろしながら散策し、城下町をイメージした建物にお土産屋やレストランなどが並ぶ甲州夢小路に入る。
ここも我々のみが散策している。11時に見学を予約しているサドヤ醸造場(ワイナリー)に向かう。
見学案内人が地下のワイン樽貯蔵庫などに案内してくれる。色々な説明をしてくれ、新たな知識を得ました。
3色のワインの試飲も満足。ちょうどお昼になる。甲府駅の駅ビル飲食店街に入り中華風の料理で2日の軽ハイキングを締めくくる。
快適な気候と展望、紅葉に恵まれ、同級生と楽しんだ小旅行に感謝です。
【コースタイム】
13日:甲府駅 10:15着/ 10:25バス=昇仙峡滝上11:15 ・・・ロープウエイ山麓駅11:30 / 12:00、昼食後12:50・・・展望所など散策・・・山頂駅13:25 /13:30・・・山麓駅着後・・・仙娥滝・・・グリーンライン昇仙峡14:25 / 14:39バ=甲府駅15:21・・・10・・・ほうとう小作(ほうとう+飲食)・・・東横イン20:50(泊)
14日:東横イン9:00・・・甲府城跡(舞鶴城公園)散策・・・甲州夢小路散策・・・サドヤ醸造場10:30 / 11:00地下ワインセラー見学(ガイド付き、約40分)試飲・・・甲府駅ビル内飲食街12:30(昼食)/ 14:09→八王子15:04
【参加者】◎竹尾亮三、大河内和子、齋藤光夫、関 捷一、都留正昭、中村 力、根津 哲、前橋喜彦 計8名
2016_1114昇仙峡&甲府城址00275B25D今回のコースで、一番高いところ(約1030m)で撮った全員の写真

2016_1114昇仙峡&甲府城址00655B25D紅葉越しに昇仙峡の流れを見ながら降ります

● 来年は福島市の「花見山」の素晴らしい花の景色、冠雪の山々の遠望を見に行きます。4/5~12日の中で1泊2日の旅です。楽しみにしてください・・                          
                                                                     記録 竹尾亮三




[2016/11/27 21:25] 同期会のご報告 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。