09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -








第61回定時総会及び新会員歓迎会・創立60周年記念祝賀会開催報告 

第61回定時総会及び新会員歓迎会は、好天に恵まれた平成29年6月3日(土)に、青山のアイビーホールで開催されました。45期から105期まで、初参加者3名を含む43名が参集しました。また、今回は、当会の創立60周年にあたることより、北海道から応援団OBも駆けつけてくれました。
第1部の定時総会は、14時より岸田仁事務局長(67期)の司会で開始され、冒頭、昨年の総会以降にご逝去の連絡をいただいた35名の同窓生のご冥福をお祈りし、黙祷が行われました。佐々島宏会長(65期)からの開会の挨拶に続いて、総会議長に今日出夫副会長(67期)を選出し、第60回事業年度事業報告と決算報告、会計監査報告、第61回事業年度計画案と予算案の審議が行われ、満場一致で承認されました。役員人事では、岸田仁事務局長の事務局長退任と副会長就任、南澤孝夫副会長(65期)の副会長退任と事務局長就任、大浦辰次郎顧問(54期)の顧問退任が承認されました。また、会則附則の改定が承認されました。
佐々島宏会長からは、母校を応援するための60周年記念事業について説明があり、①OB,OGの経験を在校生に伝えるためのアンケート調査では60名近いOB,OGから回答が寄せられたことより、これらを秋に発行予定の会報60周年記念号に掲載し、在校生への配布を予定していること、②OB,OGによる母校への出前セミナーを計画していること、が報告されました。一方、これまで60周年記念事業として検討してきた潮陵ハウスの設立は本会単独では難しく、断念せざるを得ないこと、今後、潮陵倶楽部と連携し、母校の創立120周年事業として、あらためて検討していくことが報告され、佐々島宏会長から来賓の潮陵倶楽部会長 西條文雪様(65期)に答申書が手渡されました。 2.jpg
3.jpg

第2部の新会員歓迎会・創立60周年記念祝賀会は、須永いづみさん(93期)と村上文一さん(99期)の司会でスタートしました。来賓の小樽潮陵高校校長 千葉浩次様からは、運動部の大活躍の様子と好調な進学実績が紹介され、文武両道の建学の精神は健在であることが報告されました。5.jpg      

潮陵倶楽部会長 西條文雪様からは、潮陵倶楽部が母校支援事業として進めているニュージーランド ダニーデンへの短期語学留学を通して生徒が成長していく様子が報告されました。6.jpg

続いて、初参加の松田憲幸さん(64期)、石井輝さん(82期)、冨永剛晴さん(96期)の自己紹介が行われ、7.jpg
8.jpg
9.jpg                                  
来賓の札幌潮陵クラブ会長 竹尾昌己様(52期)の乾杯の御発声を受けて、同期を中心に集まったテーブルごとに歓談が行われました。   10.jpg     11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
19.jpg
21.jpg


歓談の合間には、応援団OBの下中博文さん(65期)、高田和彦さん(67期)、大西正起さん(67期)の3名が、竹刀を片手に長ラン、学帽の出で立ちで現れ、ユーモアあふれた口上とともに、エール、校歌、第一応援歌、第一拍手、天狗の白雪、三連呼、祝勝歌による応援を披露し、大いに会を盛り上げてくれました。23.jpg
25.jpg
26.jpg
27.jpg
28.jpg

来賓の東京小樽会会長 清水川洽二様(52期)のご挨拶の後、今年も、テーブルごとのチーム対抗による小樽・潮陵クイズが行われ、同窓生から寄贈された賞品の争奪戦が繰り広げられました。
33.jpg 

34.jpg
35.jpg

今回は、同じテーブルに様々な年代が交じって談笑、相談し合えるように座席をシャッフルしています。母校、小樽に関連する題材から、ボート部の応援歌で唱われている「漢の高祖」とは誰(答え:劉邦)、小樽中学は公立中学校として北海道で何番目に設立(答え:3番目)、母校卒業生の累計はおよそ何人(答え:35,000人)など7問が出題されました。結果、第3卓が1位、第4卓と第5卓が同点2位、第2卓が4位、第1卓が5位となり、上位チームから順番に、山積みされた賞品を獲得して行きました。
 楽しい時間もあっという間に過ぎて終了時刻の17時となり、恒例により出席者最年長の山田宏さん(45期)の音頭による三本締めと、出席者全員による記念撮影で閉会となりました。お土産には、中ノ目製菓の甘納豆と北海道ワインのおたるワイン小瓶(ナイヤガラ)を頂きました。36.jpg
37.jpg 

38.jpg

39.jpg

応援団OBの大活躍で、華やかで楽しい会となりました。
なお、新倉屋の新倉吉晴さん(54期)、サンエースの長岡正三さん(55期)、中ノ目製菓の中ノ目孝道さん(65期)、大沢商会の黒坂則昭さん(67期)、堀内水産の堀内万紀子さん(67期)、みどりインターナショナルの山口緑さん(67期)、あまとうの柴田剛さん(71期)、北海道ワインの嶌村公宏さん(74期)には、賞品のご提供、おみやげの協賛をいただきました。また、開催にあたり多くの方よりご寄付を頂戴致しました。厚くお礼申し上げます。
<南澤孝夫(65期) 記>
スポンサーサイト

[2017/06/11 22:25] 事務局通信 | TB(0) | CM(0)

東京潮陵樽中会60周年記念アンケートのEメール回答 ご協力願い 

続きを読む
[2017/04/04 22:52] 事務局通信 | TB(0) | CM(0)

第60回定時総会第及び新会員歓迎会開催報告 

第60回定時総会第及び新会員歓迎会開催報告

第60回定時総会及び新会員歓迎会は、初夏の陽光も眩しい平成28年5月21日土曜日に、青山にあるアイビーホールで開催されました。46期から105期まで、総勢51名が集い、初参加者は6名でした。
13時からの定時総会は、岸田仁事務局長(67期)の司会で開始され、始めに、昨年の総会以降にご逝去の連絡をいただいた10名の同窓生のご冥福をお祈りし、黙祷が行われました。
校歌斉唱に続いて、佐々島宏会長(65期)から挨拶があり、来年の会創立60周年の記念事業として、①OB,OGの母校講演支援、②潮陵ハウスの設立、の2つの母校支援事業を具体化して行くとの決意が述べられました。
今年4月に小樽潮陵高校校長に就任された千葉浩治様からは、ご自身がスピードスケートの選手、体育の教師として文武両道を目標にしてきた経験から、文武両道の建学の精神をさらに推し進めて行くとの抱負が述べられました。一方、小樽の人口減少を反映し、母校も生徒の減少が課題となっているようです(現在、全校生徒は全日制712名、定時制26名であり、往時の半数)。
来賓の潮陵倶楽部会長 西條文雪さん(65期)からは、今年度から、潮陵生2名を選抜して小樽の姉妹都市であるニュージーランド ダニーデンのオタゴ大学附属語学学校に2週間の語学研修派遣を行う支援事業を潮陵倶楽部として始めたことが披露され、今後も、佐々島会長と協力しながら、共同で母校の支援を考えて行きたいとの想いを伝えていただきました。
続いて、総会議長に今日出夫副会長(67期)を選出し、議案の審議に移りました。第59回事業年度事業報告と収支決算報告、会計監査報告、第60回事業年度計画案と収支予算案について審議が行われ、質疑の上、いずれも満場一致で承認されました。なお、ボート部創部110年記念事業である救助艇購入に協賛して、会から5万円を支出することが承認されましたが、これに加えて、当日、出席者の皆さんに寄付を募ったところ、2万5千円が集まりました。合わせて、ボート部に送付させていただきます。
小樽からの来賓である松代弘之さん(75期)による「小樽の現状と再生への取り組みについて」と題した講演では、希望職種がないことによる子育て世代の人口流失、子供の減少による小中学校の統廃合、市場縮小による産業衰退の現状が報告され、負のスパイラルを断ち切るためには、 仕事づくり、人づくりへの早急な取り組みが必要との提言をいただきました。そうした取組のひとつとして、潮陵生を支援する潮陵ハウス、未来の小樽を担う人材育成の場としての量徳学校の構想が披露されました。OB,OGのご支援をお願い致します。
続いて、宮野人至さん(86期)と村上文一さん(99期)の司会、南澤孝夫副会長(65期)の開始の挨拶で、第2部、新会員歓迎会に移りました。
 来賓の小樽東京事務所長 大門義雄様のご挨拶では、小樽の最近の事情、ふるさと納税の話題が披露され、続いて、来賓の東京小樽会会長 清水川洽二さん(52期)の乾杯のご発声で歓迎会が開始されました。 
 舞台では、初参加の68期大室寿俊さん、94期森野正之さん、 95期岩間世界さん、104期石坂優太さん、納谷祐樹さん、105期二木 涼さんの自己紹介が行われました。
 歓談の合間には、今年も小樽・潮陵クイズが行われ、賞品の争奪戦が、テーブル毎の団体戦で繰り広げられました。以下に問題を紹介します。
第1問目:小樽のオリジナルご当地キャラクターの名前は(答え:運がっぱ)。
第2問目:潮陵倶楽部の支援による母校生徒の短期留学先は(答え:ニュージーランド ダニーデン市オタゴ大学)。
第3問目:2月に放送された「ザ・鉄腕ダッシュ」で、TOKIOの城島さん、山口さんが木ゾリで滑り降りた小樽を代表する3つの坂は、一尊庵の坂、五百羅漢の坂と(答え:水天宮の坂)。五百羅漢の坂は、母校の横から龍徳寺までの坂で、母校の生徒達も応援で出演しました。
第4問目:小樽の国指定重要文化財は、旧日本郵船(株)小樽支店が有名ですが、もう1カ所は(答え:旧手宮鉄道施設)。
第5問目:今年、第18回目を迎える「小樽雪あかりの路」は、小樽ゆかりの文学者の作品から命名されました。その文学者は(写真提示 答え:伊藤整)。「雪あかりの路」は、樽中17期生の伊藤整の処女詩集です。
第6問目:小樽市も少子化の影響で小中学校の再編が進んでいますが、今年3月に閉校し、統合してできた新小学校の組み合わせで正しいのは(答え:色内小、北手宮小、手宮西小、手宮小⇒手宮中央小)
第7問:現在の校章をデザインした人は(答え:川越重義さん)
第7問では、回答終了後、本会に出席された川越重義さん(46期)ご本人が、当時の校章デザインの経緯をご説明されました。
結果、来賓席の第1卓と新会員の第7卓が同点となり、代表者によるじゃんけんで、第1卓が1位となりました。株式会社大沢商会 黒坂則昭さん(67期)から寄贈された男性用腕時計は第1卓の千葉校長先生が、女性用腕時計は第7卓の森野正之さん(94期)が獲得し、また、小樽から取り寄せた北海道ワインと甘納豆が、それぞれの卓に授与されました。
 楽しい時間もあっという間に過ぎて終了時刻の16時となり、締めは、恒例により出席者の最年長である46期の大先輩5人、布施市蔵さん、島 雄一さん、工藤孝友さん、川越重義さん、渡辺光三郎さんに壇上に登場いただき、布施市蔵さんの音頭による一本締めで閉会となりました。帰りのお土産には、中ノ目製菓の甘納豆と北海道ワインのおたるワイン小瓶(ロゼ)を頂きました。
なお、中ノ目孝道さん(65期)、黒坂則昭さん(67期)、北海道ワインの嶌村公宏さん(74期)には、今年も、景品、おみやげを協賛いただきました。また、開催にあたり多くの方よりご寄付を頂戴致しました。厚くお礼申し上げます。
H28総会01-1H28総会03H28総会04H28総会08H28総会09H28総会10H28総会16H28総会20H28総会15H28総会26H28総会32H28総会28H28総会33H28総会36H28総会35H28総会38
これらの写真は、firestorageに一時保管しました。ご覧ください。
http://firestorage.jp/photo/04e0450c54a794fd9e02c1598ca5d370e5085085

<南澤孝夫(65期) 記>

[2016/05/31 23:29] 事務局通信 | TB(0) | CM(0)

第59回定時総会・新会員歓迎会概要 

2015年5月24日(日)、第59回 東京潮陵樽中会 定時総会・新会員歓迎会 を青山アイビーホールにて開催いたしました。
総会議事では平成26年度事業報告、決算報告の承認、平成27年度の事業計画、予算案の承認、会則の改定と65期南澤孝夫氏の副会長就任を決定しました。
前回から力を入れている新会員(現役大学生を含む20代を中心にした新しいメンバーです)との交流の歓迎会も、今回は3月に母校を卒業したばかりの109期から1名、108期から6名の学生会員が参加し、46期から109期まで総勢52名の参加となり、とても盛り上がりました。
さらに、小樽にUターンしてまちづくりに尽力している75期の松代弘之様による[帰樽奮闘記]の講演をしていただき、ふるさと小樽の現状を知り、これからの小樽への希望を感じることができました。
また、準備・受付では88期と65期の皆さんにお手伝いいただきありがとうございました。

次は初冬の[同釜会(おなかまかい)]の開催を予定していますので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!
学生会員88期
75期松代氏講演46期



[2015/05/31 21:54] 事務局通信 | TB(0) | CM(0)

東京潮陵樽中同釜会(おなかまかい)が開催されました 

 東京潮陵樽中会の忘年会を、去る2014年12月7日(日)に居酒屋「北海道」飯田橋駅前店で開催しましたので、概況を報告します。

今回の忘年会は、かつて、小樽中学、小樽潮陵高校で学び、同じ釜の飯を食べた同窓生が気軽に集まって、また、一緒に同じ釜の飯を食べようという趣旨で、同釜会(おなかまかい)と名付けています。
46期から108期までの老若男女40名が参集し、にぎやかで、楽しい会となりました。
現役大学生の4名を含め、8名の方が、初めて東京潮陵樽中会の会合に参加してくれました。

CIMG9342.jpeg


同釜会は、実行委員長の宮野人至さん(86期)の司会で始まりました。初めに岸田仁事務局長(67期)から、樋口弘さん(36期)、吉村弘さん(38期)の訃報連絡があり、全員で黙祷を捧げました。樋口さんは、5月の総会でご挨拶と三本締めを行っていただき、元気なお姿を拝見したばかりでした。

続いて、校歌斉唱、佐々島宏会長(65期)からは、やや堅苦しい総会とは別にもっとお互いを良く知るための気楽な交流の場として同釜会を企画したので楽しんで頂きたいとの挨拶があり、参加者最年長の島雄一さん(46期)の乾杯の音頭を合図に、北海道料理、鍋を囲みながら歓談、交流が行われました。
歓談の合間に、今回初参加した現役大学生の越前淳己さん、中村朋暉さん、三浦綜介さん、渡邉健吾さん(いずれも108期)、および大塚美来さん(95期)、佐々木和哉さん(95期)の自己紹介が行われ、各々、先輩諸氏から熱い激励を受けました。会の様子は、写真をご参照ください。
出席者から順次近況報告を頂く間に、20階からの眺望をもすっかり夜景に変わり、あっという間に閉会の時間が近づきました。小樽会会長の清水川洽二さん(52期)のご挨拶の後、島さんとともに参加者最年長である布施市蔵さん(46期)の一本締めで、閉会となりました。
おみやげには、小樽名産の中ノ目製菓の甘納豆と、北海道ワインのナイアガラ小瓶を頂きました。


その後、名残惜しい一部の方は二次会へと街に繰り出し、我が同期(65期)も、神楽坂でミニ同期会を行いました。今回、初参加の皆さん、是非、来年5月の総会にも、同期の仲間を誘ってご出席ください。楽しい企画を用意して、お待ちしています。

<南澤孝夫(65期) 記>


◎当日の写真アルバムを作成いたしました。
こちらからご覧下さい>>
http://otaruchouryou.blog45.fc2.com/imgs/20141223PkXCTPgA/
[2014/12/23 11:04] 事務局通信 | TB(0) | CM(0)